スーツケース修理箇所No.1【ボディ】に関する修理事例

実際のデータに基づいた修理屋さんならではのスーツケース修理事例を公開中

  • スーツケース・キャリーバッグの修理ならヒデ工房
  • 0668458833
  • スーツケース・キャリーバッグの修理ならヒデ工房
  • ヒデ工房のLINEを友だち追加
  • 店舗へのアクセス
  • お見積りの入力はこちら

営業日時変更のお知らせ(2022/08/24)

平素より弊社をご愛顧いただき誠にありがとうございます。当面の間、下記営業日・時間に変更させて頂きます。
【営業日】毎週月・水・金 / 【営業時間】9:00~17:00

お客様各位

平素より弊社をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
新型コロナウィルス感染の影響により、当面の間、下記営業日・時間に変更させて頂きます。

  • 営業日 
    毎週 月・水・金
  • 営業時間
    各日 9:00~17:00
  • ※毎週火・木・土・日、年末年始はお休みです。
  • ※11:45~13:00、16:00以降は電話対応・持込み・引取対応できません。
  • ※ こちらの変更は一時的なものです。状況により通常営業に戻ります。その際は改めてお知らせします。
  • お問合せ・お見積り
    ホームページ上にて24時間受付しております。 最大3営業日以内までに返信・ご連絡致します。
  • 修理対象の送付
    お客様のご都合でヤマト運輸様に集荷依頼・発送手続きをして頂ければ問題ございません。弊社営業日に到着後、順次入荷の確認をさせて頂きます。 弊社より遠方地・離島の場合や、天災・災害時等の際は、翌営業日以降の営業日に到着する可能性もございます。 到着日に関しましては、発送時の伝票控えに記載されている「伝票番号」をご用意の上で、ご依頼いただいた運送会社様にお問合せください。
  • 不明点・ご質問がある場合は・・・
    ホームページの「よくある質問」「修理の流れ」などをまずはご確認ください。 それでもなお解決できない場合は、ホームページ上の「お問合せまたは電話(営業時間内に限る)にてご連絡ください。弊社スタッフより回答させて頂きます。

お客様にはご迷惑のかからないよう、万全の体制を整えておりますので、お気軽にお問合せ・お見積りをお待ちしております。



2022年8月24日より営業時間を拡大に伴い、上記内容の一部を変更しました。


×

修理事例・ランキング形式でご紹介

Common suitcase repair examples that only a repair shop can understand.修理屋さんだからわかる、よくあるスーツケース修理事例Page 3 of 8

スーツケース修理箇所No.1【ボディ】

ボディとは?

スーツケースの荷物を入れる箱に当たる部分。
このボディを中心に様々な部品が取り付けられ「スーツケース」となります。

ボディ】での修理事例は「亀裂」「へこみ(陥没)」「」が非常に多く、また複数修理(亀裂+傷 等)が7割を超え、これら複数修理はアルミ・プラスチック・布といった素材を問わずといった印象です。
そのためか、修理箇所で亀裂が1番多いのはボディ修理が多いのが要因となっています。

弊社への修理依頼の中では「ボディの亀裂修理」が非常に多く、皆様から安心して修理のご依頼いただけるということでしょうか。


スーツケース修理箇所No.1【ボディ】の修理事例


STAFF COMMENTS.

  • ・修理作業している中で「ボディに関わる修理が1件もない」という日がありません。
  • ・印象に残っている修理は、50cmを超える特大サイズの亀裂です。しっかり補強をしないといけないのは当然なのですが、補強の仕方も考える必要があったため苦労しました。
  • ・一言に「ボディ」と言っても、修理箇所によっては他のパーツが干渉することがあり、取っ手・ロック・フレーム・内装生地・底足等を外して→修理・補強して→元に戻すという作業を経た際には、1つのお鞄の修理に50時間以上[*4]も要することもございます。

<旅行1~2週間前にご確認を!>

スーツケースの出番が年に1・2回しかない方でも、使い方や保管状態により、傷がついたり凹んでしまったりと素材の劣化は思っている以上に進んでいくことも。 いざ旅行や出張で久々に使いたいときに『傷だらけ』『ヒビが入ってた』『変形していた』ということも!?

できれば年に1回程度、よく使われる方は3~6ヶ月に1回程度、弊社にてメンテナンスをご依頼頂ければ、熟年の修理スタッフにより隈なくチェックを行い、ビス等の緩みはもちろんのこと、不安のあるパーツの調整や破損が認められるパーツは修理・交換を行い、常に調子のいい状態でお使いいただけます!

  • お見積もりは無料
  • 0668458833


フレーム修理は意外と少ない

フレームとは?

スーツケースを開閉する際に見える淵を覆うように付けられているパーツで、併せてダイヤルロック等のパーツがついているものもあります。
最近ではファスナーが付いているものが主流になっています。こちらは”軽さ”を求められる際に選ばれる方が多い印象です。
また、ソフトケースタイプではフレームの代わりにファスナータイプが標準です。

ボディに関連するパーツとして「フレーム」も修理の事例としては多いように見えますが、ボディが凹んでいても、フレームは問題ないことが意外と多く、修理前に外して、修理後に再度付け直す、ということが多いため、修理件数としては下の方になります。

また、昨今主流になっている「ファスナー」タイプをお使いの方が多いようで、どちらかといえば日本人好みなのでしょうか。
公共交通機関を乗り継ぐ際にやはり軽い方がいいため、どうしても重量が出てしまうフレームタイプより軽い素材のファスナータイプに軍配があがるようですね。

このあたりも、フレーム修理の依頼数が少ない要因かもしれません。


スーツケース修理【フレーム】の修理事例


このページ内の注釈
4. 修理工程だけの時間になります。お客様のやり取り・パーツの取り寄せ・固定/乾燥/消臭等の待ち時間・出荷待ち 等の作業外の時間が多々あります。お客様にお伝えする返却予定日(納期)は数週間単位となります。

保険利用のメリットはこちら

お見積り・お問合せはこちら

修理のお見積りは無料で承っております。
スーツケース・キャリーバッグなどの旅行鞄に限らず、その他鞄・車いす・ベビーカーの実績も多数ございます。
実店舗へのお持ち込みもご対応可能です。お気軽にヒデ工房にお問合せ下さい。
保険・補償の利用でお見積書の発行のみ依頼される場合は、発行手数料として1,650円(税込)を頂戴しております。

  • お見積もりは無料
  • 0668458833
  • ページのトップへ
配送料1,045円(税抜):他社と比べて分かる安さ!!
https://www.hide-cobo.com/ヒデ工房では、日本全国の皆様のスーツケース・キャリーバッグをお預かりしております。お気軽にお問合せ下さい。壊れた時にスマートフォンでいつでもどこでもすぐにアクセス!!
配送料はなんと1,045円の低価格!ぜひ他社と比べてください!配送サービスの詳細はこちら >
※北海道・沖縄・離島は適用外
  • お見積り
  • 店舗案内
  • よくあるご質問
  • ヒデ工房のLINE@公式アカウント!!
  • ヒデ工房のインスタグラム公式アカウント!!
  • ヒデ工房のFacebook公式アカウント!!
  • ヒデ工房のTwitter公式アカウント!!
  • 配送料がこんなに安いのはヒデ工房!!
  • 古物営業の許可を得ています

ヒデ工房

お問合せ

  • 06-6845-8833
  • 営業日:毎週 月・水・金 / 営業時間:9:00~14:00
    (お休み:毎週火・木・土・日、年末年始)
  • アクセス 〒563-0034 大阪府池田市空港2丁目2番地5号 大阪綜合ビル1階
    ※ファミリーマートが目印です <map>

スーツケース・キャリーバッグを愛する皆様の鞄を真心込めて修理します。
再びあなたと旅行を共にできるように・・・